崇仁発信実行委員会

崇仁発信実行委員会は、誰もが気軽にそして身近に部落差別や同和問題の知識を得られる機会を増やすことによって、全ての子どもたち全ての大人が自分の可能性を伸ばせる「心地よいつながりあふれる社会つくり」を目指し、一歩一歩活動を進めております。

最新号

崇仁発信マガジン

Suhjin Magazine

≫「ちょっと見」はこちら




想いはひとつ このまちが好きだから
みんなが元気になる地域発信マガジン
崇仁~ひと・まち・れきし~


2016・3・5創刊
無料


崇仁地域のオススメ情報を募集しています。

ごあいさつ

崇仁発信実行委員会代表 藤尾まさよ

「崇仁~ひと・まち・れきし~」は、その名の通り、崇仁地域のひとやまちや歴史情報を発信するものです。
崇仁のまちは、今、京都市立芸術大学とともに新たな歴史の時間を刻み始めました。
大きく変わる時代のうねりの中には、いつもそこにひとりひとりの小さな物語が抱かれています。
長かった差別の歴史の中で、逞しく生き抜いてきたこのまちの人びと.この冊子はそのような人々の想いを紡ぎ発信していきます。
このまちの小さな物語を通して、崇仁のまちを感じ、このまちに足を運んでくださる方が少しずつ増えますように。

そして、この冊子が、人と人との温かいつながりつくりの一助となれますように・・・。心から祈りつつお届けします。

まちあるきの様子

崇仁イベント

Suhjin Events

テーマ

私どもは、この講演会を通じて、部落問題の基礎をしっかり学ぶことで語りあえる機会や場を提供しています。当会のまち歩きや講演会は、部落問題を初めて学ぶ方にお薦めです。

≫ 情報はこちら(ブログ活動報告へ)
メンバーの集合写真

賛助会員募集

Supporting Members

賛助会員特典

  • 1.ご入会確認後にバックナンバーから
    三冊を拝送
  • 2.ご入会年度に制作するマガジン
    "崇仁~ひと・まち・れきし~"のお届け
  • *各年11月頃と3月頃の、年2回制作予定
    発行月変更の場合あり

  • 3.崇仁発信実行委員会主催の講演会のご案内
  • 4.崇仁発信ブログとマガジン
    "崇仁~ひと・まち・れきし~"にお名前掲載

    *半年区切りで掲載予定

募集について

活動をご支援ください。
よろしくお願い致します。

賛助会費: 一口 1000 円から
*できるだけ二口以上でお願い致します。
振込み銀行: 「ゆうちょ銀行」
口座名称: 崇仁発信実行委員会
(スウジンハッシンジッコウイインカイ)
口座記号: 00970-5-310243
他銀行からは: 0九九店(099) 当座0310243


会費は活動に大切に使わせて頂きます。
よろしくお願い申し上げます。

崇仁発信創立メンバー

団体概要

・平成27年5月1日設立
目的: この団体は、子どもをはじめ、全ての人の社会参画の機会の拡充、生活文化環境の向上に寄与することを目的とします。
活動: 大人も子どもも気軽に人権を学べる機会を増やし、やさしくわかりやすい人権知識の提供などを行うことによって人権の大切さが生活の中で身近に感じられる啓発活動を行います。
事業内容: 地域内外住民と地域内外学生共同事業
・平成27年3月~
地域情報発信マガジン"崇仁~ひと・まち・れきし~"発刊
地域住民のまちの記憶を記録として、崇仁地域住民の自身の体験やまちの記憶を取材し、地域内外に人・町・歴史を通しての部落差別・人権啓発フリーマガジンとして発刊し発信する。
下京区区民が主役のまちづくりサポート事業、京都府地域力再生プロジェクト支援事業などの助成を受け活動を進めている。

崇仁発信実行委員会
事務局

〒600-8212
京都市下京区塩小路町524-4-302


TEL/FAX:
075-351-0599

E-mail:
suhjin.hasshin@gmail.com

≫京都市市民活動総合センターの登録ページ
代表者写真

代表者紹介

Intro of Representative

藤尾まさよ (Masayo Fujio)

講演活動

「人と人との心地よいつながりつくり」
を提案している。
万華鏡つくりを通した体験型人権講演
(万華鏡コミュニケート)

部落問題講演

主な対象
保育所・幼稚園・小・中・高学校教職員、幼児・児童・生徒・保護者、教育委員会、行政、人権擁護委員、各種団体、企業など。
講演回数300件以上

自己紹介

京都市下京区崇仁地域出身
元京都市立皆山中学校 PTA会長
非営利団体 崇仁発信実行委員会 代表
非営利団体 万華鏡コミュニケート代表
*目指す人間像は「最強の近所のおばちゃん」

≫発信実行委員会ブログへ